×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。


最新情報 生活習慣が不規則・太り気味が気になる方に
● 今、日本における生活習慣病、中でも糖尿病の患者(予備軍含む)が750万人数年後
   には倍以上になるといわれています。
● コタラヒムは生活習慣病(糖尿病・高血圧・高脂血症)特に血糖値降下に優れた結果出
   ています。
★ コタラヒムの成分には糖分を腸から吸収されにくく又腸を活発にする作用があります
  
コタラヒムはスリランカだけに生育する大きなツルの植物で、薬木として3000年以上も前から
利用されて国家的財産とも言われるほど、貴重な樹で海外輸出禁止項目に指定されていましたが、この度 特別にスリランカ政府から日本にだけ輸入する許可出ています。
収益の一部はスリランカの自然環境保護と戦争孤児の為に使用されます。(認証付国生第1618号)


 
naturallife
 

     コタラヒムブツ原木                   原木で作ったマグカップ
メタボをクリックすると新聞記事が見れます。生活習慣病・メタボリックシンドローム
肥満症や高血圧、高脂血症、糖尿病などの生活習慣病は、それぞれが独立した別の病気ではなく、
肥満ー特に内臓に脂肪が蓄積した肥満(内臓脂肪型肥満といいます)ーが原因であることがわかってきました。
このように、内臓脂肪型肥満によって、さまざまな病気が引き起こされやすくなった状態を『メタボリックシンドローム』といい、
治療の対象として考えられるようになってきました。

子供に広がる生活習慣病・メタボリックシンドローム
    
                  
最近、肥満気味の子どもが増えているようです。 30年前と比べると約2倍に増え、約10人に一人が肥満である といわれています。これは、脂肪の多い食事、
いつでも買い食いができる環境、不規則な生活、運動不足などが原因としてあげられます。
子どもの肥満の約70%は成人肥満に移行するといわれています。また、高度な肥満では、小児期からでも糖尿病高血圧高脂血症 などの生活習慣病を合併するのです。
そこで、このほど厚生労働省の研究班より、6〜15歳を対象とした「メタボリックシンドローム診断基準」が作られました。メタボリックシンドローム対策は、子どもでも必要なのです。
   
                  診断基準
6〜12歳における肥満傾向児の出現率推移
6〜12歳における肥満傾向児の出現率推移
[文部科学省学校保険統計調査]より


メタボにはコタラヒム茶と羅漢果で 商品は税込価格です。
コタラヒム徳用

6,300円
コタラヒムレギュラー

3,150円
らかん果物語

2,625円

   2,100円        3,360円
商品をクリックすると詳細ページに移動します。

Copylight (C)2006 ○○○ All Rights Reserved.

このホームページはテンプレート職人を使って作成しています
リンク集

その他の商品

大麦若葉100%青汁

欠品中
ぬちマース


天然力茶


コタラヒムうどん


携帯用らかん果